相手の悩みを上手に聞く方法

人の悩みをどう聞くかについて

人の悩みをどう聞くかについて書かせて頂きます。

 

第一に、悩みの原因、内容、周囲の環境などを重点的に聞く必要があります。

 

原因があってこういう経過をたどって今はこういう状況だということを理解できるように傾聴に務める必要があります。
そして、その時の周囲はどんな状態だったのかも合わせて知る必要があります。

 

その全部を聞いた上で助言できること、共感できること、してあげられることを整理して困っている人に話します。

 

第二に、同じような悩みを持つ人が他にいないかどうかを探します。もし、いたら、その人はどうやって問題解決したのかのヒントを得ます。

 

そのヒントから何か大事なことをつかみ、困っている人に対して参考になるようなことがあれば助言します。

 

このように、人の悩みはいろんな資料を集めることから問題の核心を探っていく必要があります。

 

その意味では、人の悩みは机上の勉強で得たことからは決して良い助言は出来ません。
自分も人生勉強するつもりでしっかりと困っている人の助けが出来れば良いと思います。