相手の悩みを上手に聞く方法

人の悩みの聞き方のポイント

人の悩みの聞き方のポイントは、まず相手が満足するまで共感し、その間には決して自分の意見を差し挟まない事です。

 

なぜなら人が悩みを誰かに打ち明けるのは、必ずしも解決方法を探すためだけではないからです。

 

自分の悩みにただ共感し、自分の考えを肯定してほしいだけの場合も多いのです。

 

ですから誰に悩みを打ち明けるか選んだ時点で、意識しているかどうかは別として、実は既に人は自分の中で答えを出していると言えるでしょう。この人は自分の気持ちや意見を分かってくれると思われたからこそ、相談者は悩みを打ち明けて来たのです。

 

できるだけ相談者に質問しながらイメージを共有し、ボディランゲージを含んだ共感のサインを出し、もし自分だったらどう感じるかを想像して相談者に伝えてみましょう。

 

それだけで混乱した頭を落ち着かせ、相談者の中にあった答えを導き出せることも少なくありません。

 

月並みですが他人を救うのは他人ではありません。最終的に本人が納得できるよう協力することが人の悩みの聞き方のポイントなのです。

 

正しい潮吹きの方法を学べばあなたもモテる!